医学部の受験

ネオンが明るい

難関な試験に合格するために大阪の医学部予備校に通学したい方必見です!各校の指導方法や実績など詳しくご覧になれますよ。

少子高齢化や地方の医師不足の問題を受けて、国立、私立の医学部定員は増加しています。2008年度では8000未満でしたが、現在は9000人以上の定員があります。しかし、国公立医学部を中心に志願者数が上昇し、倍率も上がっています。国立大学の医学部平均倍率は5倍程度になっています。そして私立大学も日程が合えば何校も併願可能なため、高倍率で推移しています。 少子化を受けて難関大学の偏差値でも下がり始めている学部もある中で、医学部の偏差値は国立大学、私立大学共に上がっています。現在でも中高一貫の超難関高校からの進学者の多い現状にあります。そして、浪人生の割合が多いのも医学部の特徴と言えるでしょう。合格者のほぼ半数が浪人生です。浪人する場合は医学部予備校に在籍して次の合格を目指す受験生が殆どです。

医学部受験は偏差値の高い受験生が多く、合格するためには高い学力が必要になります。しかしながら、超難問が出題されるかというと、国立大学においてはそうでもありません。国公立大学の出題は基本的には学習指導要領を脱しない問題となるでしょう。とは言え、確実に論理的に理解していないと解けない問題も多いでしょう。私立大学は各大学の特色が問題に出ます。難関私立大学医学部を目指すためには独自の対策が必要となります。やはり、学科試験対策も医学部予備校で学んだほうが効率が良いでしょう。そして、医学部受験は近年面接も重視される傾向にあります。医療従事者としての倫理観やコミュニケーション能力などをみられます。医学部受験独特のものですから、医学部予備校で対策すると良いでしょう。医学部を希望する受験生は、浪人生のみならず、現役生も医学部予備校で学科試験、面接試験共に対策をすると良いと言えます。

予備校に通う

買い物をする若者

医学部の合格率を上げるためには、予備校が不可欠な存在になるでしょう。しかし、レベルがそこに達していないと通っても意味がありません。そのため名門と呼ばれる予備校探しが今後の鍵になってくるのです。

Read more

通わせる意味

土手を歩く

一派的な親であれば塾に入れたがる方が多いでしょう。ですが何かしらのメリットがあってこそ意味をなしてくるため通わせていくには理由が必要としているのです。その理由には様々があります。

Read more

適した塾

夜が更ける

どんな塾がいちばん良いかを考える時に、いちばん頼りになる基準としてあるのが「適しているところかどうか」ということです。しっかり勉強できることこそが、いちばん大事なことだからです。

Read more

実は英語も大事

広い道路に出る

一見英語が不要に感じますが、実が医学において英語は不可欠になるものとして知られています。予備校でも積極的に英語の授業を取り入れており、早く身につける為には先生の技量も試されるでしょう。

Read more